おしりニキビについての知識

おしりニキビに似た吹き出物 『粉瘤』とは??

身体にニキビ??と思うようなできものができることもあります。 これは「粉瘤(アテローム)」といい、 表皮から剥がれ落ちた垢などの老廃物が皮膚内部(真皮)に入り込んでできる良性の腫瘍のことです。


見た目は、ニキビと勘違いするくらい似ていて、一般的にも発症しやすいことから、間違える人も多いのです。粉瘤とはしらずに、ずっとニキビと思い込んでいる人もたくさんいるでしょう。


粉瘤は、細菌感染を起こさない限り放っておいても心配のない良性の腫瘍です。


ニキビと間違えて、無理に芯(膿)を出そうとしたりすると、細菌感染して痛みを伴い、最悪の場合、皮膚のしたで破裂したいないに膿が入り、病気を発症することもあります。


ですから、無理にどうにかしようと思わずに、そっとしておくのが懸命です。


しかし、粉瘤ができたおしりの場所によっては、気になったり、座るときにあたるなど支障をきたすこともあるでしょう。そういった場合は、皮膚科や受診して、取り除いてもらうとよいでしょう。


30分ほどで終わる簡単な手術で除去できるようですよ。


おしりニキビと粉瘤の違いは、セルフケアで治るかどうかです。おしりニキビは清潔にしてセルフケアをしっかりしていれば改善されます。


最近では、おしりニキビ専用のジェル「ピーチローズ」なども口コミで人気があるようです。


>>おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策専用「ピーチローズ」詳しくはコチラ<<



しかし、粉瘤を根本的に治すためには、専門医の治療が必要になってきます。


ニキビと粉瘤の見分け方は毎回同じ場所にできるかどうかです。


粉瘤のできるはっきりとした原因はわかっていませんが、
有力なのは、同じ場所を刺激することで、毛根を形成する組織の1つ、毛漏斗(毛穴を構成する毛包器官の1つ・毛孔の入り口)の細胞が毛包全体に化生(細胞の分化形質の異常)してしまったもの。という説です。


同じ毛穴に繰り返しできるのが特徴なので、この特徴を利用して考えるとニキビとの見分けがつくと思います。


もうひとつの特徴は、硬いしこりの中央部に「へそ」といわれる黒い点(穴)がある
ニキビは、赤くなったり、膿をもっていて白いことが多いので、これも見分けるポイントです。


粉瘤が細菌感染していまうと、赤く腫れて見分けにくくなることもあるので、
安易に自己判断せずに、専門医にかかりましょう。



関連記事

おしりニキビの原因 -下着・ストレス・蒸れ・生活習慣-
おしりニキビ対策&予防




>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る