おしりニキビについての知識

子供にもできるの!?

おしりニキビは、年齢・男女問わずできる可能性はあります。


おしりニキビの原因-下着・ストレス・蒸れ・生活習慣-
おしりニキビができやすい人
でも触れたように、長時間座っていることが多い人・運動をしたりして汗をよくかく人・
下着や洋服で締め付けている人は、おしりに圧迫をかけていたり蒸れやい状況です。


おしりニキビができやすい年代って10代から30代が多いのだとか。


女性に限っていうと、この年代のほとんどが、毎月生理が来ます。
生理前はニキビのできやすい体質になること。
生理中はナプキンを使用することで、蒸れやすくなる.
これが、10代から30代女性の多い理由の1つとも言えるでしょう。


参照→おしりニキビは生理中にできやすい!?


10代後半位から、下着がナイロンなどの化学繊維を使用した(光沢のある素材)
デザイン重視の下着を身につける女性が増えてきます。


ナイロンなど化学繊維の下着は吸水性・通気性が良くないので汗をかいても
下着にこもってしまうので、常に蒸れているような環境です。


化学繊維素材の下着を好んで付ける人が多い年代=お尻にきびができやすい年代
と思えるほど、下着の素材が蒸れに大きく影響しているようです。


小学生・中学生くらいまでは、綿(コットン)素材の下着を身につけているので、
おしりニキビは起こりにくいようで、子供よりも大人の女性に多いことがわかります。


しかし、年齢によって皮脂の分泌量に差があります。


思春期の子のほうが皮脂分泌量な盛んです。
でも、新陳代謝も活発なので肌のターンオーバーの乱れもほとんどなく、
大人の女性よりもおしりニキビはできにくいのです。


逆に40代・50代と年齢を重ねていくと・・・
加齢とともに新陳代謝も落ちていき、きちんとケアしていないとターンオーバーも乱れがち。
ですが、皮脂分泌量も低下していくので、ニキビはできにくくなっていくようです。


とはいえ、絶対できない!というわけではないので、
子供の頃の美尻をKEEPしていくためにも、圧迫・蒸れ・締め付けに気をつけていくことが
保つ秘訣ですね。



関連記事

おしりニキビの原因 -下着・ストレス・蒸れ・生活習慣-

おしりニキビ対策&予防

【おしりニキビは生理中にできやすい!?】


<<<前の記事【おしりニキビは生理中にできやすい!?】





>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る