美肌コラム

ビタミンA誘導体「トレチノイン」のピーリング・ターンオーバー促進効果

肌にできたシミをどうにかしたい、というのは、女性共通の悩みでしょう。そんな女性たちに人気なのが、トレチノインを使った美白です。


ビタミンAは肌の保湿力を高めたり、表皮の細胞の保護など、肌には重要な役割をはたしています。トレチノインはビタミンA誘導体の一種で、肌の表皮ではなくもっと奥深くが原因となっているシミの原因に作用すると言われています。肌のターンオーバーを促進させ、古くなった細胞のピーリング効果があるのです。


その効果は通常のビタミンA誘導体に比べて50~100倍だと言われています。さらにトレチノインを使用すると、シミの排出だけではなく皮脂腺の働きを抑えることで皮脂の分泌も抑えられ、オイリー肌の人の改善にも効果があると言われています。肌のピーリングを行う効果はそれだけではなく、肌全体を生まれ変わらせ、ヒアルロン酸やコラーゲンといった美肌に欠かせない成分の生成も促してくれるのです。


ケミカルピーリングについて


「肌のターンオーバーを促してくれるなら、ピーリングと同じこと?」と思われますが、トレチノインのピーリング効果とケミカルピーリングは別のものになります。


ケミカルピーリングは、フルーツ酸などのピーリング剤を使って、表皮の一番上の本来は剥がれ落ちているはずなのにいつまでも肌に残って、ターンオーバーを邪魔している角質を溶かしていくものです。古い角質層が取り除かれるため、ターンオーバーを正常なリズムに戻す働きがあります。


一方トレチノインの場合は、表皮の細胞の分裂や増殖を促進させるため、身体の内部から新しく作られた肌の細胞がどんどんと上へと押し上げられていくため、古い角質層が剥がれていくことでターンオーバーを促進させるのです。肌の奥から細胞の増殖がみられるため、奥深くに潜んでいるシミの原因が表皮に現れ剥がれ落ちていくのです。


強力な作用があるためトレチノイン配合の美白化粧品はなく衣料品扱いです。そのため日本国内では美容外科などで処方してもらうか個人輸入で購入することになります。



>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る