美肌コラム

アスコルビン酸って何?効果は?ビタミンCとの関係性は?

アスコルビン酸とは、ビタミンCの別名のことです。両者の違いは、天然由来のものか、合成されたものかの違いだけです。ビタミンCは天然のものですが、アスコルビン酸は合成されたものになります。合成されているものとはいえ、微生物の働きで天然のビタミンCと全く同じ構造になっているものがアスコルビン酸なのです。


アスコルビン酸は美肌にも欠かせない成分です。飲むことで毛穴が小さくなったり、ファンデーションのノリが良い、という口コミもあるのです。体内に摂取されると、美肌に欠かせない成分であるコラーゲンの生成を助ける効果があります。


ニキビなどでできてしまった肌の凹凸を内側からふっくらとさせて整える効果、シミの原因となるメラニンを除去する効果もあるので、美白にも効果があります。ビタミンC同様に美肌には欠かせない成分なのです。また抗酸化作用が強力なため、体内の活性酸を除去し肌のみならず体内のアンチエイジングもしてくれるのです。


美肌を作るために欠かせないアスコルビン酸ですが、性質はビタミンCと同じです。水に溶けやすく体内に摂取しても長時間はとどまっていられません。そのため摂取量が不足してしまうとすぐに肌などに不足症状が出てしまいます。


また、しっかりと摂取しているつもりでもストレスや喫煙、紫外線などで壊れてしまうため、必要な量が摂取できていない可能性もあるため、毎日摂取することが重要になります。成人女性の一日の摂取量は100㎎だと言われています。


ビタミンCは過剰摂取してしまっても尿や汗で体外へ排出されるため、過剰摂取の心配はありません。あまりにも大量に摂取しすぎると吐き気や下痢などが起こりますが、摂取を中止すれば症状は治まります。


必要量が摂取できていないと思った時には、100㎎よりも多めに摂取すると良いでしょう。天然のビタミンCは高価で毎日摂取するのは金銭的にも大変ですが、アスコルビン酸はコストパフォーマンスが良いため毎日摂取するのには最適です。



>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る