美肌コラム

美白成分ハイドロキノンの効果と使用時の注意点

ハイドロキノンは肌の漂白剤として知られている強力な美白成分です。


ハイドロキノンはメラニンを生成する酵素であるチロシナーゼの活性化を抑制し、メラニンを生成する細胞であるメラノサイトに直接働きかけて減少させることで効果を発揮します。


また、私たち人間の体は体内が酸化することによって老化していきますが、その酸化を還元作用により酸化を抑えることでメラニンを薄くする効果もあるのです。


最近シミやくすみ、黒ずみが気になるという人におすすめであり、特にハイドロキノンはもうすでにできてしまったシミに対しても有効ですが、肝斑などの原因不明によって出来るシミにはあまり効果がないとされています。


注意事項


ただ、ハイドロキノンは美白成分が高濃度であるため、使用法を間違えると思わぬ副作用が出ることもあります。


高濃度だったり、すでに劣化してしいる製品を使用した場合には、赤みや炎症を起こす可能性があります。


ハイドロキノンは実は安定性が悪い成分であるため、すぐに酸化しやすく、酸化した時にできるベンゾキノンという成分は刺激が強く肌にダメージを与えるので、すでに使用期限が切れている製品は使用せず、新しい製品を使用する場合であっても必ずパッチテストを行うようにしましょう。


シミや黒ずみに有効であるハイドロキノンですが、あまり高濃度の成分を肌に使用することで、その塗っている部分が白く抜けてしまう白斑という副作用が起こることもあります。


濃度が5%以下のものではあまり白斑は怒らないようですが、白くなったのにそれでも長期間塗り続けるのはあまりよくないことですので、効果が実感できたら使用を中止しましょう。


ハイドロキノンの使用中は、普段の時よりも紫外線に当たることでシミが濃くなることがありますので、ハイドロキノンを塗っている時にはしっかりと日焼け止めクリームを塗るなどして紫外線対策を行うようにしましょう。


使用期限内のもので、正しい使用法をすればまず副作用が起こることはありませんが、効果が高い成分ということはその分副作用も多いということなので、もし使用していておかしいと感じた時は直ちに使用をやめ、皮膚科などに相談するようにしましょう。



>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る