美肌コラム

お肌の悩みで多いのが「にきび」そして「肌荒れ」

ネット上での「肌の悩み相談」で一番多いのが「ニキビ」です。ニキビといっても、思春期のニキビと大人のニキビの原因は異なります。


思春期ニキビは皮脂が過剰に分泌され、毛穴の部分に皮脂がたまり、アクネ菌が繁殖して炎症を起こすためニキビができやすくなるという特徴があります。主におでこや鼻の辺りに多くできます。


また、思春期ニキビは春から夏にかけての皮脂の分泌が活発な時期にできやすく、夏の紫外線を浴びると肌を守るために角質層が厚くなり、余計、毛穴の詰まりやニキビの原因になりやすくなります。ストレスや睡眠不足など生活習慣の乱れなどからもニキビができやすくなります。


そして、できたニキビを潰したりいじっていると、皮膚の凸凹として残ってしまうことがあるので注意が必要です。


思春期ニキビはそのうち治るから大丈夫とよく言われますが、化膿したり跡ができてしまったら、皮膚科に相談したほうがいいでしょう。自己流で治そうとしてどんどん悪化する場合があります。


紫外線対策をしっかりする、肌の清潔はもちろん、枕やシーツなども清潔に、規則正しい時間の睡眠などは基本的なニキビ対策として行う必要がありますが、ニキビに効果があるとされるケア用品も軽症なら使用してみるのも良いのではないでしょうか。ニキビの症状が進んでいる場合は、専門家に相談してから使うようにしましょう。


大人に多い肌の悩みは「肌荒れ」です。


肌荒れといっても、肌のきめが粗くなった、毛穴が目立つ、ニキビ・吹き出物ができる、などです。


肌荒れは日常生活の過ごし方が大きな影響を与えていることが多くあります。甘いものを食べすぎた、脂っこいものが好き、睡眠不足やストレスなど、原因はさまざまです。食生活の乱れ、ストレス、ホルモンバランスの乱れ、睡眠不足、紫外線の影響なども肌荒れの原因となっています。


また、体調によって、いつも使っているスキンケア用品でかぶれてしまったり、吹き出物ができてしまうこともあります。さらに肌に合わない化粧品で肌荒れを起こしてしまうこともあります。敏感肌の方は新しい化粧品を購入する前にはサンプルなどで確認することも大切です。


肌荒れは肌の新陳代謝の悪化でも起こります。古い角質が皮膚表面に残って角化が進んで、バリア機能が低下してしまい、この状態のときに外部からの刺激を受けると肌が傷つき、肌荒れとなってしまいます。


女性の場合、肌荒れの状態でお化粧をしてもファンデーションのノリが悪く、ムラになってしまうので、肌の状態にはいつも気をつけていたいですね。


「シミ」


お肌のシミはメラニンという色素が肌に染みついてできる薄黒い斑点のこと。原因は色々ですが、よく知られているのが紫外線です。その他の原因として加齢やストレス・睡眠不足・肌の炎症・ニキビ・アトピー・ホルモンバランスの異常などがあります。


シミのできやすい部分を顔で見てみると、額、目の周り、頬、口の周りが多いようです。最近テレビCMで見る、「肝斑」は額や頬、目や口まわりに左右対称に表れる褐色のシミ。生理不順や妊娠経験がある女性に多く見られるとも言われています。


ソバカスはメラノサイトという細胞が日焼けによって変質してできるもので、紫外線を浴び続けていると色が濃くなったり、増えたりします。


また加齢によってできるシミを老人性色素班(スポット班)といい、高齢者の額から頬にかけて現れるシミです。はっきりした原因は解明されていませんが、老化による皮膚の変化とも言われています。


シミの大敵である紫外線を避けることと、活性酸素の過剰な発生を抑えること、肌を傷つけるようなスキンケアをしないこと、などに気をつけるとよいでしょう。タバコや脂っこい食事は活性酸素を過剰に発生させます。そして、肌にやさしいスキンケアを心掛けることも大切です。


「シワ・たるみ」


シワやたるみは加齢によるものと思われがちですが、間違ったスキンケアを続けていると若くてもシワやたるみを招いてしまいます。また同じ年代の人より早くシワ、たるみで悩むことになってしまいます。


お肌の曲がり角は25歳と言われるように、徐々に肌は衰えます。30歳も半ばになると肌の新陳代謝が遅くなったり、肌のハリやくすみなどを実感する人多いのです。実際、30代くらいから老化に関わる活性酸素を消す能力が衰え、水分を保つコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドの量が減少してきます。


しかし、ビタミンやミネラルなどの栄養や生活習慣の改善、正しいスキンケアなどである程度、防ぐことができます。


肌年齢を若く保つために、若いうちから正しいスキンケアととも食事や生活習慣に注意をはらっていれば、同年代の人より健康で若々しい肌でいられるでしょう。それは見た目年齢にもつながりますから、他人に与える印象も若々しいものになるのではないでしょうか。



>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る