美肌コラム

肌に良い食品と肌に悪い食品の解説

肌にために食べたほうが良い食品・食べない方がいい食品とは、どんなものがあるのでしょう。


お肌がカラダの健康と密接な関係があることは誰でもわかっています。体調が悪ければ顔色が悪かったり、吹き出物ができたりと、見た目でわかるほど影響があります。ファンデーションのノリが悪い時はやはり体調が悪いことが多いです。


日ごろ気にしない体の内部のできごとが、お肌に現れていると思うと何気なく食べている食品が気になってきます。ここでは積極的に摂りたい食品と極力控えたい食品を紹介してゆきます。


誰もが認める肌に良い食べ物は「ビタミン類」。ニキビが気になる方ならビタミンB2、B6です。アーモンド、卵類、牛乳はビタミンB2を多く含みます。B6を多く含むのは卵類、緑黄野菜、魚類があり、コラーゲンの生成を促進させるビタミンCと一緒に摂ると効果がアップします。


控えたいのが、スナック菓子、ファストフードなど糖分や脂肪分の多いもの。皮脂の分泌を増加させてニキビを悪化させます。


乾燥肌に良い食べ物としては、保湿を助けるヒアルロン酸を含む食品を摂りたいですね。ヒアルロン酸は動物の軟骨、フカヒレに含まれています。一緒に亜鉛を多く含む牡蠣、ほたて、卵、納豆を摂ると乾燥肌の予防改善効果がアップします。


反対に身体を冷やすものは避けた方が良いでしょう。血行が悪くなって肌の代謝が悪くなると乾燥しやすくなります。生野菜、冷たい飲み物などは取りすぎない注意が必要です。


シワやたるみを予防・改善するならビタミンCや鉄分、タンパク質の含む食品を摂ることです。かんきつ類や葉物野菜、鉄分の多いカツオ、ひじきなどの海産物。タンパク質を多く含む大豆製品が代表的なものです。


反対に糖分や脂肪分の多い食べ物は肌を酸化させて老化を招きます。


高い化粧品を使っていても、身体に悪い食品を食べていたら肌のためになりませんね。また肌トラブルからの回復を遅らせてしまいます。


コーヒーなどに含まれるカフェインは、抗酸化作用をもつビタミンCを破壊して肌の新陳代謝を遅らせるので、摂りすぎに注意しましょう。


揚げ物やスナック菓子、ファストフードなどは脂分が多いので、肌を酸化させ老化を早めます。またコラーゲンの生成を妨げる働きもあるので、極力食べるのを控えましょう。外食はどうしても油ものが多くなりますから、どうしても外食しなければならないときは、和食を食べるようにしましょう。


食事以外の日常生活


肌に影響を与えてしまうのは食事だけではありません。以下、食生活以外の日常生活でのチェックポイントをまとめておきますね。


何気ない日常でもちょっとしたことを意識すれば、お肌の健康は保てます。


・睡眠 睡眠中は活性酸素の除去や細胞の新陳代謝、血液の生成などを行っています。睡眠不足はこれらを妨げてしまうわけですから、安静時間を作るようにしましょう。


・ストレス ストレスや過労は活性酸素が発生し、老化を促進させてしまいます。また、ミネラルを浪費し、自律神経の乱れにもつながります。疲れたら休む、ビタミンやミネラルの多い食事を摂る、お風呂にゆっくり入るなどしてストレスや疲れを解消しましょう。


・タバコ、アルコールは活性酸素の発生を促すので控えましょう。


・紫外線 紫外線を浴びると、活性酸素はシミやハリができやすくなります。


・合成洗剤 ふつうの洗剤には石油系の界面活性剤や蛍光増白剤などが含まれていて、乾燥肌や主婦湿疹、アトピーなどの原因になっています。できれば使用を控えたいものです。


・化粧品 合成物の少ない化粧品を使用しましょう。高価なものでも自分の肌に合わなければ止めるようにしましょう。



>>【おしりニキビ・しみ・黒ずみ対策方法】トップページへ戻る